#

留学・語学研修

弊社のスタンス
※ 弊社は基本的に留学斡旋会社ではありません。
  旅行会社様などの委任を受けて、現地の学校や政府・州教育省とのパイプ役として、学校単位や塾などの語学研修や留学・ホームスティなどを包括的に行 なっております。

※ 個人のお客様には、適切な旅行会社や留学斡旋会社をご紹介することも出来ます。現地オーストラリアの会社なので、緊急時の対応も安心です。
私達は現地に在住している事で、多くの日本人留学生や語学研修の方々を見てきましたし、お世話もさせて頂きました。しかし中には、2年も居て何を勉強した の?あんまり遊ぶなよという方もいます。逆にすごく上達する方も居ます。
要は本人次第です。

※ オーストラリアにおいては、政府による「オーストラリア留学情報公式ウェブサイト」Study in Australia (日本語)をご覧ください。
また、文部科学省による「官民協働海外留学支援制度~トビ タテ」も合わせてご検討ください。

学び方は千差万別ありますがオーストラリアの利点とは・・・(ゴールドコーストの場合)
★英語圏である
よく、オージーイングリッシュだから、粗雑などという方がいますが、それならイギリスをお勧めします。
私達はそれ以前に日本人が超えなければの問題を重視してます。

★治安が良い
英連邦であり、教育レベルや低所得層の少ない所であり日本と同程度以上に治安が良 いです。
但し 旅行者として通常の行動をしていれば・・

★親日的
人口が少ないのか、福利厚生が出来ているのかは分かりませんが、性格的にオープン でホスピタリティが自然に出来ている陽気なオージーです。ので気楽に話ができます。

★食生活
市内レストランやホテルなどで通常食される「米」はまづ炊き方や質は日本と変わり ません。
中華の様な「パサパサ」した水気のないお米でないので、飽きがきません。
また、市内にはたくさんの日本食店もゴールドコーストにはあります。
またマーケットにはほぼ日本と同じ素材があります。 
多少割高ですが、醤油や納豆、豆腐なども多くのスーパーで扱ってます。
基本的にオーストラリア人は大食感(体が大きい)ので、よく食べますので、肉や魚など私などは2分の1程度にして冷凍保存します。
探せばあるのでしょうが、切干大根や牛蒡がないぐらい・・

★衛生的
風景がすばらしいのとは関係がないかも知れませんが、空港のトイレやレストラン (中華店を除く)街の公衆トイレ まづキレイです。 これには驚かされます。

★医療
24時間日本語対応の医療相談機関もありますが、基本的には英語圏です。 歯医者 などの治療費は高く、救急車も日本と異なり有料です。

学校手配
年齢や期間を問わず、レベルに合った英語が学べる語学学校から、オーストラリアの子供達が通う現地校、専門コースや資格取得コースなどご希望に合った学校 やコースを手配いたします。

留学期間も中・長期の本格留学から、数週間の短期留学、1~2週間の留学体験までご希望に合わせてご提案いたします。  コースプランを ご覧下さい!

滞在先の手配
ホームステイ、学生寮やコンドミニアムなどご 希望に合わせた滞在先をお探しいたします。  
これまでの経験と実績によるネットワークで、ご希望の学校に通うのに最適なホストファミリーをご紹介いたします。

空港送迎&各種送迎サービス
空港とホームステイまたは滞在先への送迎はも ちろん、短期の方は通学のための送迎サービスなどもお手配することができます。 

団体:語学研修スタディツアー ・ 修学旅行 ・ 企業研修など
学校や市町村、各種団体主催による少人数から 100名以上の語学研修旅行や修学旅行の現地手配全般。 研修先の現地校の手配、ホテルやホームステイの手配、空港送迎、観光や教育アクティビティの手 配、食事手配や各種サポートまで一貫して行います。 
 
団体:スポーツ研修・合宿
オーストラリアは、スポーツにも力を入れており、水泳やサッカーなどスポーツ施設の設備が整っている上に、気候にも恵まれています。 弊社で も、毎年日本の学校主催のスポーツ研修の手配全般を行っております。
練習用スポーツ施設の手配や合宿用宿泊先やホームステイの手配、食事手配、現地のチームとの練習試合などのコーディネートに加え、語学研修や自然を満喫で きる観光アクティビティなどもプラスできますので、満足度の高い研修を行うことができます。

余談ですが・・
2007年7月英会話学校「ラド・インターナショナル・カレッジ日本校 」を運営するラド・インターナショナル(東京都千代田区)が4日、事業を停止し、自己破産申 請の準備に入った。民間信用調査会社、帝国データバンクによると、生徒数は約4000人。05年12月期末での負債額は約3億3000万円という。 平成19年10月英会話学校最大手であった「NOVA」 が大阪地裁に会社更生手続開始の申立を行って破たんし、業界に激震が走ってからわず か2年半で、再び業界を揺るがす事態が、平成21年4月22日起こった。業界大手である「ジオス 」(東京都渋谷区)の一部経営陣が東京地裁に準自己破産を申し立て、事実上倒産 したのである。

ジオスからわずか4ヶ月!またしても留学会社の倒産サクシーオ が自己破産その前は、ゲートウェイ21 の倒産・・・ 詐欺的な倒産などの論議は別として、予約金を返金されない。旅行業法で言う 弁済補 償金も手にできなかったなど実は残っているまともな経営をしている多くの英会話学校、留学斡旋業者は余波を受けるのは当然です。

民間語学教育事業者協議会や業界が厳選された業者の自主規制、また留学斡旋業者に関する消費者保護を含めた法制化など私の勉強不足ですが、聞いてません。

語学を学びたい。そして私たちも「ネガティブな語学を学んで欲しい」しかも危険リスクをお互いに小さくしたい 。

そこで考えたプランです。
まず、オーストラリアでの語学学校への勉学は、観光ビザ(12週まで勉強可)やワーキングホリディビザ(1年間有効ですが、最大16週間の勉学でその後、 他の学校で勉強する人がいたり、学校によっては受け入れしているところもありますが法律違反です。)1年間や数年間の大学や高校入学など学生ビザでの渡豪 とは異なりますので、おまちがえのないように・・

基本的には、お客様が選んだ学校2校から3校、または弊社がご希望を聞いた上でお選びした2-3校をメールのやり取りなどで現地在住者の意見と言う形で絞 り込み、その後、お客様の入学手続きのお手伝い(予め日本円を持ち込みの場合は弊社の特別レートにて両替可能) またはクレジットカードにて行うことも可 能です。のみを弊社が行う

即ち、お客様が学校に直接払う 弊社は学校までの送迎や校内説明などコンサルタント手数料(お客様と事前に協議)と言う方法を模索してます。

※ 日本国内におけるVISA申請などは一切行っておりません。 独自に調べ、申請する力がないと、海外での語学習得は頼る事になりうるとも考えておりま す。