#

トンガリロ国立公園 Tongariro National Park

【概 要】
ト ンガリロ国立公園1894年、ニュージーランド初の国立公園に指定。きっかけは、先住民であるマオリの提案による。
ニュー ジーランド初の国立公園、トンガリロ国立公園は、3つの活火山、トンガリロ、ナウルホエ、ルアペフで知られています。1887年にマオリの酋長テ・へウヘ ウ・トゥキノ4世が、彼らマオリの聖地であったこの土地を国に寄贈したものです。
公 園内の火山は活火山ですが、人々は山の斜面でスキーをしたり、噴火口までハイキングを楽しんでいます。それらの火山はモニターシステムによって監視されて おり、噴火の早期警告がなされるようになっています。

公 園内での最も人気のあるアクティビティは「トンガリロ・アルパイン・クロッシング(Tongariro Alpine Crossing、トンガリロ横断コース)」というナウルホエとトンガリロの間の珍しい風景を見ながら横断する1日トレッキングコースです。蒸気の上がる 噴火口や過去の噴火で流れた溶岩の跡、温泉の湖などを見ながらのトレッキングは忘れがたい経験となることは間違いありません。

【 見所】

標 高2797mのルアペフ山、標高2291mのナウルホエ山、標高1968mのトンガリロ山は、どれも大きな火山です。この3つの火山を含む山峰の連なりは 長さ18km以上にもおよびます。円錐型をしたナウルホエ山は、実はトンガリロ国立公園全体の噴気孔のひとつになっています。また、ルアペフ山は「ロー ド・オブ・ザ・リング」3部作の「ドーム山」として映画にも登場しました。

国 立公園内の山々はマオリの人々にとって精神的に大きな意味合いを持っています。マオリ伝説によると、トンガリロを探検しているうちに吹雪に遭遇し凍ってし まった司祭のナトロイランギが、マオリの人々がポリネシアにある祖先の地としている遥かハワイキから火を呼んだとされています。彼の祈りに応えて、今日、 環太平洋火山帯と呼ばれる海底のルートを経由して火が届き、トンガリロ山が噴火したと伝えられています。

山 々の麓の斜面は森林で覆われ、ニュージーランド原生の鳥類が多く生息しています。ニュージーランドの原生生物の中では唯一の哺乳動物、ショート・テール ド・バット(短尾こうもり)やロング・テールド・バット(長尾こうもり)が生息している地でもあります。

【交 通・アクセス】

ロ トルアから1日観光のツアーも出てます
オー クランド又はウェリントンから車でトゥランギへ (約5時間) トゥランギから車で観光の基点となるファカパパ・ ビレッジへ(約1時間)
タ ウポからは約45分、

【宿 泊】

国 立公園内の宿泊
「ト ンガリロ・ノーザン・サーキット(Tongariro Northern Circuit、トンガリロ北周回コース)」として知られるトレッキングコースには、環境保全省が管理する4つの「グレート・ウォーク(ニュージーランド の主要トレッキングコース)」のためのハット(山小屋)があります。これらのハット以外にも、環境保全省では公園内の他の地域にいくつもの「サービス・ ハット(多少の設備が整った小屋)」や「ベーシック・ハット(何の設備もないシェルター)」を用意しています。また、ファカパパ村にはモーテルやホテルを はじめ、キャンプ場やキャビン(独立した部屋のみの小屋)タイプの宿泊施設があります。公園内の宿泊施設の中で最も豪華なのは歴史ある「グランド・シャ トー・ホテル(Grand Chateau Hotel)」です。ただ、どの宿泊施設も訪問客が多い繁忙期には予約が必要です。

Tongariro National Park