#

ニュージーランドの亜南極諸島 Sub-Antarctic Islands of New Zealand

【概 要】
こ の世界遺産は南極に近いニュージーランド領の島嶼部からなる。この地域に置いては生物の種類が豊富で非常に密であると言われる。特に野鳥類は海鳥40種を ふくむ126種が観測されている。
こ の地域は、南緯40度付近にあり、別名ほえる40度という名も付いている。なぜかというと、南極からの寒流と太平洋からの暖流がぶつかりあい、天候の安定 しない場所であるからである。度々、暴風雨に襲われる厳しい自然環境下にある。

ス ネアーズ諸島の近海では、南極からの寒流と太平洋からの暖流がちょうどぶつかり合う地点で、天候が不安定となり度々、暴風雨に襲われます。また、寒流と暖 流が衝突することによって、大量のプランクトンが発生し、それらのプランクトンを食べる魚たちが多く集まってくるために、鳥たちにとっては絶好の繁殖地と なっています。ニュージーランドアホウドリ、ミズナギドリ、スネアーズペンギンなどが有名です。生 態系を維持するため、この地域の立ち入りは厳しく制限されている。

【見 所】
オー クランド諸島は、ニュージーランド南島のブラフ港から南へ465Km沖合いに浮かぶ無人の諸島です。
キャ ンベル島は、ニュージーランドの中でも最南部に位置しています。
こ の島は1810年にフレデリック・ハッセルボロウによって発見され、アザラシ狩猟の拠点となり、乱獲のため、島のアザラシはほぼ絶滅してしまいました。ま た、北西島は繁殖期には300万羽以上集まるハイイロミズナギドリの繁殖地でも知られています。
バ ウンティ諸島は、1788年にバウンティ号のウィリアム・ブライによって発見されたためバウンティ諸島と名付けられました。

Campbell Island

#